長期優良住宅のメリットとは?

現在私が建築中の家は

長期優良住宅で建ててもらう予定になっています。

簡単に言うと長期優良住宅は、

きちんとメンテナンスをして

長持ちする家を作りましょうという制度です。

それを国が応援しますよ!という優遇もあります。

日本の家は寿命30年なんて言われていますもんね。

外国が50年~100年持つのに比べて日本は短すぎますね。

長期優良住宅は国が何度も何度も立ち入り審査しますから、

よくある手抜きなんて許されません。

たしかに費用は上がりますが、

私が生きていくうちに家なんてもう買えないでしょうから、

ちょっと高くても安心して住める家にしようと思い

認定を取る予定です。

そんな長期優良住宅のメリットさせていただきます。

 

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅というのは「この建物は長持ちするから安心です」という

国土交通省からのお墨付き物件です。

国からいいことをたくさんしてもらえます(税金の優遇)

賢く使って、いい家をお得に立ててみてはどうでしょう。

私の家は地域型住宅グリーン化事業の
認定を受けることができたので

100万円補助金をもらうことができました。
他にもこんなメリットがあります。
■所得税の住宅ローン控除

借り入れした住宅ローンの、年末の残高の1%が所得税から控除されます。

一般の住宅だと控除対象限度額は4000万円ですが、

長期優良住宅なら5000万円。

10年間適用されます。

4000~5000万円の予算かけれる人なんて

なかなかいないでしょうけどね。
■登録免許税の軽減

不動産を取得すると、登記の申請が必要になります。

長期優良住宅だと、登録免許税が軽減されます。

これはうれしいです。

 

■不動産取得税の軽減

不動産を取得したときや、新築・増築したときに、不動産取得税がかかります。

新築住宅だと、

不動産取得税=(固定資産税評価額-1,200万円)× 3%となりますが、

長期優良住宅だと軽減率が大きく、

(固定資産税評価額-1,300万円 )× 3%となります。

 

■固定資産税の軽減

新築を建てたり、購入した場合は、

一定期間、固定資産税が2分の1に軽減されます。

しかし長期優良住宅であれば、

一戸建てなら5年→7年まで、軽減期間が延長されます。
■もし将来売却することになった際に、高く売ることができます。

「おたくは長期優良住宅ですか~、ちゃんとメンテナンスもされていますね~。

それならこのくらいでどうでしょう?」

と通常の住宅に比べて高く売ることができると思います。

よく10年で建物の価値は0になるなんていいますもんね。

税金の優遇の内容は毎年変更になりますので、

詳しくは国税庁のホームページで確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です